ここ数年注目を集めているCBD。

日本でも専門店ができたり、CBDカフェができたり、ドンキで売られるようになったりとさらに身近に広まりつつあります。

今回は話題のCBDの効果や副作用、商品の種類、実際に使ってみた感想/レビューを書きました!

CBDとは?

大麻草は500種類以上の化合物が含まれており、そのうちの一つに「カンナビノイド」という成分があります。

そのカンナビノイドの中にはさらに104種類の成分が含まれており、その中で有名な成分が「CBD」と「THC」です。同じカンナビノイドのCBDとTHCですが、作用の仕方が異なります。

THC (Tetrahydrocannabinol; テトラヒドロカンナビノール)は、マリファナの原料になっており、"ハイ"の状態を引き起こす働きがあるため日本では違法ですが、

CBD(Cannabidiol; カンナビジオール)は合法で、精神的な作用はなく、様々な効能があると世界中から注目を浴びています。

 

CBDの効果

CBDの主な効果は以下になります。

  • リラックス効果
  • 安眠
  • ストレスや緊張の緩和
  • PMSや生理痛の緩和

感情や気分をコントロールするセロトニンに直接働きかける作用があるため、以上のような効果があると言われています。

 

その他、以下にも効果的だという研究論文が発表されています。

  • てんかん
  • 頭痛や腰痛などの痛み
  • PTSD
  • 抗炎症作用
  • 統合失調症
  • 双極性障害(躁鬱病)
  • パニック障害
  • 坐骨神経痛
  • パーキンソン病
  • クローン病
  • 多発性硬化症
  • オピオイド離脱症状
  • 糖尿病防止
  • アトピー
  • アルコール依存
  • 禁煙

CBDはまだ新しい研究分野ですが、日常生活だけでなく、医療面でも効果的なことがわかっています。

 

副作用やデメリットはあるのか?

様々なメリットがあるCBDですが、デメリットや副作用はあるのでしょうか?

2017年のWHO(世界保健機関)によると、「 CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である。公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない。」と報告されています。

また、アメリカの国立がん研究所によると、「 CBDが作用するカンナビノイド受容体は呼吸を作用する脳幹に存在しないので、CBDの過剰摂取により死亡することはない。」との研究結果が出ています。

 

起こりうる副作用

CBDの成分自体は安全な成分ですが、カンナビスには土を浄化する効果があるため、有害物質が含まれた土で育った場合、それを吸収して育ってしまうことがあります。そのため、粗悪なCBD製品を使用した際に頭痛などの副作用が報告されることがあるようです。

 

摂取量

CBDは最大1日1500mgのCBDを長期間摂取しても副作用は起こらなかったというデータも報告されていますが、たくさん摂取すればするだけいいというものでもありません。

ですが、1日のCBDの摂取量はこのくらいであるべき!とははっきり定められておらず、個人差、商品差、目的によっても異なります。

大体の目安として以下を参考にし、自分に合う摂取量を見つけてみてください!

  • 体重20~39kgの場合:9~15mg
  • 体重40~68kgの場合:12~18mg
  • 体重69~108kgの場合:18~27mg
  • 体重109kg以上:22.5~45mg

 

CBDの種類

CBDの商品には様々なタイプのものがあります。

  • CBDオイル
  • CBDリキッド (Vape)
  • CBDワックス
  • エディブルCBD (グミなど)
  • CBDパウダー
  • CBDクリーム

このように、 舌の粘膜から吸収する舌下摂取、肺から吸収する蒸気摂取、胃から吸収する経口摂取、肌から吸収する経皮摂取など、商品によって摂取方法が異なります。

 

どの摂取方法がベストか?

CBDは摂取方法によって効果が出るまでの時間や吸収率が異なります↓

効果が出るまでの時間

吸収率

舌下摂取 (オイル)

1530

620

蒸気摂取  (リキッド、ワックス)

即~15

1744

経口摂取 (エディブル、パウダー)

3090

615

経皮摂取 (クリーム)

1530

参照:https://www.cbdmarketweb.com/ways-to-take-cbd/

※経皮摂取は血流中にCBDが入ることで効果が現れるわけではないので吸収率は算出できないとします。

この表からだと、 最も即効性があって吸収率が高いのはVape(ベイプ)などでリキッドのCBDを吸引する蒸気摂取になります。

ただ、CBDの摂取方法は人それぞれ好みが異なるので、色々な摂取方法を試して自分に合ったものを見つけてみてください!

それでは、それぞれの商品について詳しく説明していきます↓

 

CBDリキッド

CBDリキッドとは液体状のCBDで、単一CBDとフルスペクトラムCBDがあります。


単一CBD:
麻の成分からCBDだけを抽出した商品

フルスペクトラムCBD:麻に含まれるすべての成分が含まれた商品で、より高濃度なCBDを味わえる(THCが含まれていても0.3%以下なのでハイにはならない)

基本情報

CBDリキッドの使用方法:Vapeや電子タバコなどに注入し、気化させたものを吸い込む

特徴:吸収率が最も高く、体感するまでの時間も最短

注意点:リキッド単体では使えないので、Vapeも一緒に購入する必要あり

単一CBDリキッド

<VAPE用CBDリキッド 内容量:10ml> 純度99%、CBD1000mg(10%)。今までのCBD配合量では満足できなかった方におすすめです。甘さのある香ばしいナッツ系の香り、草っぽい香り。

フルスペクトラムCBDリキッド

<VAPE用CBDフルスペクトラム40%。リキッド内容量:10ml> CBD、CBDV、CBG、THCVの成分を配合したCBDフルスペクトラム製品。高配合 CBD リキッドを楽しむなら、「CBDフルスペクトラム」がおすすめです。

カートリッジタイプ

<交換用カートリッジCBDフルスペクトラム60%> とても簡単!使い終えたカートリッジを新しいカートリッジに交換するだけでそのまますぐ吸えます。 CBD、CBDV、CBG、THCVの成分を配合したCBDフルスペクトラム製品。

Vape付属の商品

カートリッジ+プラスウィードバッテリー+USBケーブルがセットになったスターターキット。バッテリーは充電可能で繰り返し使用できます。予熱機能や電圧の切り替え機能を搭載。純度99%、CBD10%。今までのCBD配合量では満足できなかった方におすすめです。甘さのある香ばしいナッツ系の香り、草っぽい香り。

使い捨てタイプ

<使い捨てCBDフルスペクトラム30%> ポッドタイプ1個入り。リキッドの充填や充電が不要でそのまますぐに吸えます。息を吸い込むだけで、自動電源ON/OFF。 CBDの他に数多くのカンナビノイド類を含んだ成分を抽出した「CBDフルスペクトラムオイル」をリキッドに配合しています。 上品な甘さと酸味の感じられる濃厚な味わいの「ブルーベリーフレーバー」を採用。

 

CBDワックス

CBDワックスとは、粘り気のある形状のCBDで、超臨界抽出という特殊な方法で生成したものです。濃度が非常に高いので、上級者向け。

基本情報

CBDワックスの使用方法:専用デバイス(一部Vapeでも使用可能)に入れ、気化させたものを吸い込む。または舐めたり、皮膚に塗るのも可能

特徴:CBD濃度がトップクラスに高い

注意点:専用デバイスが必要であること。高濃度のためむせやすいこと

CBDワックス

CBDフルスペクトラム100%ワックス。 CBDワックス専用の本格派デバイス「+WEED ディッパーDIP & DAB バブラーヴェポライザー(別売)」で使用可能。

ワックス専用ベポライザー

CBDワックス専用の本格派デバイス。CBDワックスに直接発熱部を乗せて気化させ吸引します。予熱機能もあり、3段階の電圧変更機能もあるので、好みの温度に調整可能。最新の発熱技術を採用して、チタンやセラミック素材よりも優れた味を提供します。ガラスウォーターバブラーは水を入れるとよりマイルドな喉越しが楽しめます。ウォーターバブラー機能搭載。有害物質のろ過も可能。

 

CBDオイル

CBDオイルは、その名の通りオイルタイプのCBD。

基本情報

CBDオイルの使用方法:舌下に垂らして90秒程口に含んだあと飲み込む、または飲み物に混ぜる

特徴:デバイスを購入する必要がない、煙が出ないので場所を選ばずに摂取できる

CBDオイル

オーガニックヘンプから採れたブロードスペクトラムCBDオイル
オーガニックヘンプから採れたブロードスペクトラムCBDオイル

Octoで最もリピート率が高いCBDオイル製品。

 

CBDパウダー/結晶

CBDパウダーは粉状のCBDで、結晶とも呼ばれています。使い方が様々なので意外と万能。

基本情報

CBDパウダーの使用方法:そのまま舐める、食べ物や飲み物に混ぜる、CBDリキッドに混ぜて濃度を高める、クリームや化粧水に混ぜて皮膚に塗る、鼻から吸う人もいるそう(?)

特徴:使用方法が様々でアレンジの幅が広い

CBDパウダー

純度99%のCBD結晶。 天然の成分に由来する白色で無味無臭。 耳かき一杯程度をそのまま、もしくは食べ物やお好みのオイルやアルコールに溶かしたり、リキッド製品に溶かし、CBD濃度を高めての使用が可能。

 

エディブルCBD

エディブルCBDとは食用のCBDです。キャンディやチョコレート、クッキーなど海外では様々な種類がありますが、日本での主流はグミ。

基本情報

エディブルCBDの使用方法:食べる(食べ方は舌の裏で溶かして摂取するのが吸収率がいい)

特徴:吸引が苦手な人や匂いが苦手な人も手軽に美味しく楽しめる

注意点:効果が現れるまでに他の方法よりも時間がかかるため、睡眠を取る1時間前に摂取するなど効果が現れてほしい時間に合わせて摂取する

CBDグミ25粒入り

日本製のCBDグミ。 1粒あたり約20mgのCBDフルスペクトラムを配合。 フレーバーは「ネイチャーフレーバー」を採用。 夜寝る前やリラックスをしたいときに食べるのがおすすめ。 はじめてCBDをお試しいただく方にもオイルやべイプが苦手な方にもおいしく手軽に食べることができます。25粒入りタイプ。

CBDグミ5粒入り

1粒に15mgの高濃度 CBD を配合した CBDグミ!初めてCBDをお試しいただく方にオススメです。

 

CBDクリーム/バーム、バスボム

CBDクリームやバスボムは皮膚から取り込むタイプのCBDです。

基本情報

特徴:吸引が苦手な人や匂いが苦手な人も手軽に美味しく楽しめる、リラックス効果が高い

CBDバーム

心身ともに穏やかな気分してくれる高濃度CBDバーム。シアバター、ホホバ油、ローズヒップ油、ティーツリー油などの天然成分配合。

CBDバスボム

純度99%の高品質CBDが25mg含まれた贅沢なCBDバスボムです。週末の自分や、大切な人へのご褒美に、究極のリラクゼーションを

 

自分に合った商品の選び方

CBDは商品の種類が多すぎて、選び方に迷ってしまいますよね:/
何を選べばいいか分からないという方は以下のチャートを参考にしてみてください↓

 

実際に使ってみた感想/レビュー

私のお気に入りの摂取方法はCBDオイル

私は、CBDオイル、CBDリキッド3種類(Vape/カートリッジ/使い捨てのペン)、ワックスを使ってみました。

全ての方法を試したわけではないので、この方法が一番おすすめ!とは言えないけど、 私はCBDオイルが一番お気に入り。

私は毎晩メディテーションをしてから寝るのですが、CBDオイルを初めて摂った後、さぁやろうと思ったのが最後の記憶で、気付いたら朝でした。🧘🏽‍♀️。ほんとに。

その日は結構寝不足だったので、まぁそうだよねと納得だったのですが、その日の夜も次の瞬間はもう朝でした。自分がまんまとすぎて。目覚めもいいし、、

 

続いて、 リキッドかワックスだったらリキッドが好き。そして、 リキッドの中でもカートリッジが使いやすかったです。

カートリッジは無くなったら上の部分だけ新しく交換するだけだし清潔だし楽でした。

ワックスは結構ヘビーなので上級者にはおすすめだと思います。

 

私のお気に入りのリキッドの濃度は40%

CBDは濃度によって効き目が異なります。

私はリキッドで25%、40%、60%のものを試しましたが、個人には強すぎず弱すぎない40%くらいのものが好みです。

25%をはじめに吸った時は、あんまり効果ないな〜と思いましたが、緊張している状況で吸った時に初めてリラックス効果を実感しました。40%くらいになると、吸った瞬間に割とくらう感じ。60%だとちょっとむせそうになります。

濃度が高いとキマると噂もありますが、濃度が高くなればなるほど吸った時にがっつり来るもキマることはないです。もちろん中毒性や依存性もありません。

好みの濃度は人それぞれなので、まずは低いパーセンテージのものから試してみるのをおすすめします!

 

禁煙効果

私の父はCBDをタバコの代わりとして吸うようになってから、タバコの量が今までの1/3に減ったそうです。

 

まとめ

  • ヘンプから取れる成分「CBD」にはリラックス効果や痛みの緩和させる効果がある
  • ハイを引き起こす働きはなく、合法
  • 副作用もほとんどなく、安全
  • CBD商品には、CBDオイル/ CBDリキッド (Vape)/ CBDワックス/ エディブルCBD (グミなど)/ CBDパウダー/ CBDクリーム、など様々なタイプのものがある

おすすめ: